令和2年8月2日(日),演劇部生徒の1年菊地さんと重森くんの2名が「次世代による原爆体験継承として詩の朗読」を行い,原爆死没者慰霊式に参加しました。
 今年の慰霊祭は,新型コロナウイルスの影響もあり,規模を縮小して行われましたが,この経験を通じて生徒たちは戦争の悲惨さを伝えることができました。
 なお,昭和20年8月,賀茂高校の前身の賀茂高等女学校では,原爆被災者の救援のため賀茂高女救援隊が組織され,救援活動に従事しました。

参考文献:中国新聞ヒロシマ平和メディアセンターwebsite「恒久平和の実現へ決意 東広島で原爆死没者慰霊式」
     広島県立賀茂高等学校「創立百周年記念誌 かもあふひ」

     
八本松地域センターで行われた詩の朗読の様子です。
 
八本松地域センターで行われた原爆死没者慰霊式の様子です。