6月20日(木)第1学年の「総合的な探究の時間」において,「SDGsカードゲーム」を体験しました。
様々な価値観や異なる目標を有する国家,そして人が存在するこの世界及び社会において,私たちはどうやって地球環境を守り,その持続可能性を追及していけるのかをテーマに,体験的に学んでいくゲームです。
ルールは,各グループごとに与えられた「時間」と「お金」を使って様々なプロジェクト活動(交通インフラの整備等)を行い,最終的に2030年の世界がどのように変化していくのかをゴールとするものです。私たち自身の在り方・生き方を見つめ直すとともに,利害対立の調整の困難さも学んでいきます。