12月23日(水),2学期の終業式を放送によって行いました。校長先生からは,2学期を振りかえり,賀茂高校の生徒が持つ能力を見出した話をされました。
 例えば,9月の体育祭では,前年までと大きく競技種目が異なること,来場者がいないことに加え,悪天候によって急な変更が行われても的確に行動し,今までにない盛り上がりを見せてくれたこと。 先日の花火の打ち上げについても,最初は実現不可能と思っていたが,東広島市長や東広島青年会議所の方などとの話し合いを行い実現できたことなど,イレギュラーなことにも十分対応できる力があると。
 そして自分の可能性を信じてほしい,共通テストが迫る3年生には,先は見えにくい時こそ希望をもって取り組み,自らのストーリーを実行してほしい,1,2年生についても希望の花火をあげてほしいと話をされました。

 続いて,養護教諭,生徒指導部からの話があり,新型コロナウイルス感染防止のための取り組みや,安心・安全な学校にするため,言葉の使い方に気をつけ,SNSで誹謗中傷をしてはいけないという話がありました。

 8月24日に始まった2学期は4か月過ぎ,終業式を迎えました。生徒たちの成長を多くの場面で再認識できた2学期でした。