1月7日(木),3学期の始業式を放送によって行いました。校長先生は,今年の干支の辛丑(かのとうし)は何かを変えるための痛みを伴うが新しいエネルギーが生まれる年であり,学校での学びについては,実生活で発揮できるリアリティのある学びを意識してほしいと話をされました。
 生徒指導部からは,昨年末以来新型コロナウイルス感染者が急増していることから感染防止対策を徹底すること,また他者や周りの人を思いやる行動をしてほしいと話がありました。

 今年度もあと3か月を切りました。生徒の皆さんも,さまざまな経験を通して実践できる知識を多く得てほしいと思っています。